紀文のおでん歌留多

かるたを選ぶ
  • い
  • ろ
  • は
  • に
  • ほ
  • へ
  • と
  • ち
  • り
  • ぬ
  • る
  • を
  • わ
  • か
  • よ
  • た
  • れ
  • そ
  • つ
  • ね
  • な
  • ら
  • む
  • う
  • ゐ
  • の
  • お
  • く
  • や
  • ま
  • け
  • ふ
  • こ
  • え
  • て
  • あ
  • さ
  • き
  • ゆ
  • め
  • み
  • し
  • ゑ
  • ひ
  • も
  • せ
  • す
  • 京
柳家小ゑん師匠監修の「おでん歌留多」で、おでんの蘊蓄を隔週配信。かるたをめくっておでんの魅力をぜひともお楽しみください。
かるたをクリック!
  • ルーツは 豆腐田楽 おでん誕生
    おでんの元祖は豆腐に味噌を付け焼いた豆腐田楽。田楽は落語にも登場する。『ん廻し』では、運が付くように“ん”を1回言うと“味噌田楽”を1本もらえる。「ワンタン麺てなんだんねん」(作・三遊亭円丈)で6本もせしめる奴も登場。
柳家小ゑん師匠監修の「おでん歌留多」で、おでんの蘊蓄を隔週配信。かるたをめくっておでんの魅力をぜひともお楽しみください。
  • い
  • ろ
  • は
  • に
  • ほ
  • へ
  • と
  • ち
  • り
  • ぬ
  • る
  • を
  • わ
  • か
  • よ
  • た
  • れ
  • そ
  • つ
  • ね
  • な
  • ら
  • む
  • う
  • ゐ
  • の
  • お
  • く
  • や
  • ま
  • け
  • ふ
  • こ
  • え
  • て
  • あ
  • さ
  • き
  • ゆ
  • め
  • み
  • し
  • ゑ
  • ひ
  • も
  • せ
  • す
  • 京
柳家小ゑん(落語家)
柳家小ゑん(落語家)

1953年東京生まれ。75年に五代目柳家小さんに入門。新作落語が中心で、代表作はおでんが主役の『ぐつぐつ』。江戸言葉遊びを現代に伝え、天文にも造詣が深く、「科学する落語家」の異名をとる。

バックナンバー

  • い
  • ろ
  • は
  • に
  • ほ
  • へ
  • と
  • ち
  • り
  • ぬ
  • る
  • を
  • わ
  • か
  • よ
  • た
  • れ
  • そ
  • つ
  • ね